ちゅんさんのすけだち

生活、お金、ガジェット、備忘録

スポンサーリンク

【錦帯橋】岩国シロヘビの館 が面白い!【山口県岩国】

スポンサーリンク

にほんブログ村 投資ブログ 資産運用(投資)へ
にほんブログ村

f:id:tyuntyuke:20180409230656p:image

 

先週末に錦帯橋に花見に行ったのですが、

一週間遅くほぼ葉桜。。。

 

そんななか、

錦帯橋岩国城側へ渡った先にある

 

「岩国シロヘビの館」

 

へ行ったんですが、

すごくよかったのでご紹介!

 

ここの施設、

ちょっと一味違いました!

錦帯橋へ行くなら必見ですよ!

 

ヘビが苦手!

って人も勇気を出して入場して見ることを強くおすすめします!

中にあるシロヘビのクイズゲーム機はマジ必見ですよ!

 

岩国シロヘビの館

 

 どこにでもありそうな箱物?施設なんですけど、

内装も白を基調にして綺麗です。

 

中には白蛇にまつわるブースがいくつかありました。

 

岩国白蛇物語

資料パネルや映像を使って、

シロヘビと岩国の人々との関わりが紹介されている「岩国白蛇物語」

 

パネルには蟲師で有名な漆原友紀さんの描かれたイラストが使われていてテンションが上がりました!

 

私、蟲師好きなんですよねw

アニメも全部みたし、コミックスも全巻揃えてます。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

蟲師(1) 愛蔵版 (KCデラックス アフタヌーン) [ 漆原友紀 ]
価格:1234円(税込、送料無料) (2018/4/9時点)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

蟲師 二十六譚 Blu-ray BOX[5枚組]【Blu-ray】 [ 漆原友紀 ]
価格:26669円(税込、送料無料) (2018/4/9時点)

 

 

 実は入場券にもランダムでこのイラストが描かれているのでコレクション癖のある人は何度も入場しちゃうかも。

 

シロヘビ百科

模型やパネルを使ってシロヘビの骨格や内臓、あまり知られていないシロヘビの生態的な特徴が紹介されている「シロヘビ百科」

 

ここを暗記しておけば白蛇をだいたい語れるようになってます。

この施設で得られる知識のの80%はここで得られると言ってもいいでしょう。

 

シロヘビの不思議

クイズゲームや体験展示を通じて遊びながら白蛇のことを学べる「シロヘビの不思議」

メンデルの法則で普通のアオダイショウからアルビノのシロヘビの出現する確率などを学べたりと、高校生物の内容も出てきて勉強になりますよ!

 

この施設で一番お金のかかっているであろう設備がこのクイズゲーム機です。

モンストやパズドラで出てきそうな感じのキャラデザのシロヘビがでてきたり、

クイズの正解度合いによってカードゲームのような認定証がもらえたり、

かっこいいシロヘビを召喚できたりと

最近の子供にはとてもとっつきやすくて馴染みやすいゲームになっています。

操作感もサクサクでスマホを触ってる感覚で操作できました。

こういうUIって結構大事で、ちょっと「モサッ」とするだけでユーザーはななれていっちゃったりしますからね。

 

こんなゲームなら子供の勉強意欲もそそられるだろうなと思える、

まさに「今風」なゲームになっています。

ぜひ自分の目で見てみてくださいw

 

ここのクイズゲームで出題される問題は「シロヘビ百科」で勉強したことが出てくるのでちゃんと勉強しておいた方がいいですよ!w

 

シロヘビの生体展示

生きた白蛇を目の前で観察できる「シロヘビの生体展示」

 

アクリル水槽のなかで白蛇が飼育されているんですけど、

とても清潔に飼育されていて、

「あぁ、こんな風にヘビ飼いたな」って思っちゃいました。

 

私、爬虫類好きなんですよねw

高校生から大学生までガッキーも飼っている

ヒョウモントカゲモドキを飼ってました。

 

 

おわりに

 

白蛇ってやっぱり神聖な感じがするのでしょうか?

ヘビが苦手な人って結構いると思うんですけど、

私がこの施設の中にいるときに、

悲鳴やヘビを避けて通っている人はいませんでしたね。

シロヘビパワーすごし!

 

この他にも売店では白蛇グッズが売られており、シロヘビの抜け殻のお守りなどの金運アップな商品が多数おいてあるので要チェックです!

 

錦帯橋へ行くなら、

錦帯橋渡って→アイスクリーム食べて→シロヘビの館に入って→鵜飼いの鵜の飼われている小屋をみて→鯉に餌やって→山賊でご飯食べて帰る!

が黄金パターンなんじゃないですかね?

 

また行きたいなって思える旅行でした。

 

 

おわり。